HOME > 事業継承をご検討中の皆様へ > 事業承継のチェックポイント(税制面)

事業承継のチェックポイント(税制面)

下に示したのが、事業承継の事前準備として確認しておきたいポイントです。
全ての項目にチェックが付けられれば、円滑な事業承継に向けた準備が整っているといえるでしょう。
一方で、若し、チェックが付かない項目があるなら要注意・・・。
後回しにしておくと、手遅れになる可能性を秘めています。
事業承継の対策を早めに講じておけば、厄介な問題でも解決の糸口が見つかります。
早めに、専門家のアドバイスや診断を受けることをお勧めします。

事業承継のチェックポイント(税制面)

  • 自社株式の株価診断を実施したことがある
  • その診断を実施したのは3年以内である
  • 会社全体の財産(有価証券を含む)の評価額をおおよそ把握している
  • 所有されている不動産の取引時価を掴んでいる
  • 所有されている不動産の相続税評価を掴んでいる
  • 相続税の納税額をおおむね把握している
  • 納税原資をストックする準備をしている
  • 後継者を特定している(特定した後継者がいる)
  • 後継者への株式移転や納税資金面での不安はない
  • 事業承継税制の活用を検討したことがある(している)
  • 定期的に資産評価の把握を行っている
まずは、お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-6202-2030

<受付時間>9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)

お電話による<無料相談>も受け付けております。

インターネットからのご相談・お問い合わせ

<受付時間>365日、24時間

お問い合わせフォーム

PAGE TOP